倉敷南ロータリークラブ

会長挨拶

2013年度就任 池上 正 会長

RI会長方針

Peace Through Service
「奉仕を通じて平和を」
2012~2013年度
倉敷南ロータリークラブ 第52代会長

岡 清一
(平成1年5月12日入会)/ (株)水島設備 代表取締役

地区ガバナーテーマ(森田昭一郎ガバナー)

「tsu ku su ~ 家庭人として、社会人として、日本人として」

RI

 RI会長及び地区ガバナーの方針に沿い、ロータリーの原点を考え、当クラブの特色を継承しながら地域への奉仕活動を通し、明るく活発なクラブ運営で会員全員がロータリーを楽しむよう努める。

クラブ方針

  • 会員相互の親睦と協調
  • 諸行事への積極的参加
  • 各委員会活動の活発化
  • 会員増強(純増5%UP)
  • ロータリーの公共イメージ向上

会長挨拶

 この伝統と格式有る倉敷南ロータリークラブの第52代会長を受け、クラブ運営を行う事に大変責任を感じて居ります。


 会長方針として、RI会長及び地区ガバナーの方針に沿い、ロータリーの原点を考え、当クラブの特色を継承しながら地域への奉仕活動を通し、明るく活発なクラブ運営で「会員全員がロータリーを楽しむよう」努めると、いたしました。


 ロータリーを楽しむには、クラブの活動に参加している意識が重要と考えますし、その為には、例会出席が最重要課題と思っています。例会に出席し会員と話し,クラブの活動状況を把握し,諸行事にも積極的に参加するうちにロータリーの良さを感じるのでは無いかと思います。その事から、5つのクラブ方針を上げました。



 1. 会員相互の親睦と協調・・・
   懇親会も重要と考えますが、家族例会等に参加・出席しやすい企画を立て出席率の向上を図って行きたいと思います。また60%ルールの説明など出席委員会と一緒になり例会出席率UPを図ります。


 2. 諸行事への積極的参加・・・・
   IDM・IM・地区大会など入会3年未満の会員の出席義務を徹底することでロータリーを理解して貰う様心がける。


 3. 各委員会活動の活発化・・・・
   先にも申しましたようにクラブの活動に参加する為に委員長さんにお願いし事あるごとに委員会を開いて頂き会員皆で企画・運営するようにして行きたい。


 4. 会員増強(純増5%UP)・・・
   魅力有るクラブ運営をするようにして純増3名


 5. ロータリーの公共イメージ向上・・・・・
   RI戦略計画の一つでもあり、森田ガバナーも「キラリ一番星アワード」を創設したように地域のメディアを有効利用してロータリークラブの活動を地域に浸透するように努力する。他奉仕団体の清掃・植樹・各種啓蒙看板設置等の活動だけでなく、さすがロータリークラブと思われる様な活動を行ないたい。本年度は時間・検討不足から「キッズ・サッカーフェスティバル」を開催するが、年度内に次年度の補助金プロジェクトを検討したい。