倉敷南ロータリークラブ

会長挨拶

2013年度就任 池上 正 会長

RI会長方針

Building Communities
Bridging Continents

「地域を育み、大陸をつなぐ」
倉敷南ロータリークラブ 第50代会長
加藤 英治
(平20年4月11日入会) / 三菱自動車工業(株) 水島製作所 所長

地区ガバナーテーマ

Let’s join! 「進んで参加しよう」

RI

 RI会長及び地区ガバナーの方針に沿い、創立50周年という節目の年度にふさわしい充実したクラブ運営を、50周年記念事業とRI会長賞獲得への挑戦を軸に積極的に進める。

クラブ方針

「たのしもう、わかちあおう」

  • 充実した例会
  • 創立50周年事業の成功
  • 四大奉仕活動と委員会の活発化
      (RI会長賞に挑戦)
  • 未来の夢計画への対応
  • 会員増強

会長挨拶

 私達の倉敷南ロータリークラブはおかげさまで創立50周年を迎えることができました。


 半世紀にも及ぶクラブの諸先輩方の様々な活動やそれを支えてきたた熱い思いは、私の想像も及ばないところですが尊敬と感謝の念で一杯です。そして今、新しい次の50年が始まろうとしています。70名の素晴らしい会員の皆さんと新しい歴史に向かって歩み始めたいと思っております。


 正直申して、私はロータリー歴が短く会長就任前にはクラブの運営に戸惑いを禁じ得ませんでしたが、折よくレイ・クリンギンスミスRI会長が新しい会長賞プログラムを設けられました。それは四大奉仕部門におけるクラブの活動のあるべき姿を目指していくプログラムで、例会のあり様にも触れられていて、未熟な会長の私にとっては願ってもない指南書になりました。


 もちろんクラブ全体の行動指針というべき会長賞プログラムですから、クラブの皆さん全員と共有し倉敷南ロータリークラブの良いところはより伸ばし、弱いところは補うという活動ができる一年にし、会長賞をぜひ獲得して50周年に花を添えたいと願っております。